特徴は、情報分析とプランニングのハイブリッド

クォークでは、情報分析ツール(Quark Apps)のアシストにより、可能な限り効率化をはかります。シナリオプランニングは通常、膨大な調査が必要となるため、比較的長期間のプロジェクトになります。しかしながらツールの導入により、スピード優先のビジネス環境に合わせると同時に、広範囲の知見に容易にアクセスすることが可能になりました。

シナリオとテクノロジーつなぐ

未来に起こる不連続な飛躍には、何らかの形でテクノロジーが絡んでいると考えています。だから私たちは、未来シナリオとテクノロジーをつなぐための、独自の情報ソース、分析ツール、人的ネットワークを築いてまいりました。

さらに詳しく>

インフルエンス・ダイアグラム(Quark Apps)

専用ツールによるアシスト

ブレーンストーミングをアシストする専用の情報ツールを用意。外部環境を左右する、複雑に絡み合った要因(ドライビングフォース)をリアルタイムで可視化し、シナリオドライバーの特定を支援します。

左図:Quark Appsのインフルエンス・ダイアグラム機能を使った、ドライビングフォースの洗い出し事例

さらに詳しく>

データにもとづく客観性

ブレーンストーミングは有効な手段ですが、限界もあります。デジタル化された膨大な情報の中から、視界になかった切り口を引き出すために、私たちはデータ分析を最大限に活用します。

右図:Quark Appsのテキスト分析機能を使った、ニュース記事の分析例

さらに詳しく>

技術士のネットワーク

テクノロジーに対する深い理解を無しに、未来を見通せるでしょうか。しかし、あらゆる分野の専門家になることは不可能です。そこで私たちは、各分野の技術士と提携し、チームでシナリオづくりをサポートする体制をつくりました(オプション)。

シナリオプランニングの基本スケジュール

8ステップからなるフレームワークで、3~4つの未来シナリオを作成します。各シナリオごとに、想定されるビジネスモデルや必要となる技術開発を洗い出し、4つの基本戦略をもとに、現在取り得るアクションを明らかにします。各ステップを6~12回に分け、お客様のスケジュールに合わせてご提供してまいります。

1回23456789101112分析アシスト例
Step1:
課題設定
トレンド分析
Step2:
キーファクターの特定
タグクラウド
Step3:
背後にある要因の洗い出し
PEST
共起ネットワーク
Step4:
シナリオドライバーの選定
インフルエンスダイアグラム
Step5:
シナリオの骨格
未来を複眼的に捉える
Step6:
ストーリー作成
Step7:
戦略検討
ビジネスモデルキャンバス
競合分析
4つの基本戦略
Step8:
先行指標の選定
情報の自動収集

シナリオプランニングのケーススタディ

スマートグラスを題材に、3つのケーススタディをご紹介します。1.市場予測がいかに難しいか、2.ではどうすればよいか、3.スマートグラスの未来は? といった内容です。ぜひ参考になさって下さい。

不確実性に焦点を当てる

未来を複眼的に捉える

4つの基本戦略

シナリオプランニングについて、詳しくご説明します。