ニュース、SNS、論文、社内文書から化合物情報まで、多種多様な情報ソースを扱えます。